伸びる中国市場をどう捕らえるか - UPRISE VOL.5 –

uprise4

中国は魅力的な市場だ。しかし日本と違う文化がある。
中国に日本からモノを売る「越境EC」は今や個人でもできる手軽なものになっている。

一方で、その簡単さや自由度の高さから、どうすればよいのか悩む例も多い。

今回は越境ECのプラットフォーマーでありながら、開発も行う越境ECのプロ集団「株式会社ACD」の守本氏と、中国のチャットツール最大手で巨大なミニプログラム市場を持つ「テンセント(Tencent Japan)」の邵(ショウ)氏を招いて、越境ECの現在と未来をお話いただいた。

セミナーは3部構成で、第一部はショウ氏、第二部は守本氏、第三部は両者によって越境ECが今後どうなるか、対談をいただいた。

【第一部・座談会編はこちら】

第一部
座談会

これを読んで頂いている方々へのヒントになればと、一部始終を紹介しています。
セミナーのすべての内容や詳細、セミナーのフル録画をご覧になりたい方は以下にございます「ニュースレター会員(無料)」にご登録ください。
※当社から情報提供をすることで、世の中のIT・決済リテラシー向上が目的です。弊社製品やサービスをご利用にならない方や、現在興味がないという方もぜひご登録ください。

ニュースレター登録で当社過去イベント全てが視聴できます

ご登録いただいた方には、お役立ち情報をお送りいたします。

 

登壇頂いたのは今回2名

・Tencent Japan WeChat Business Group Regional Manager of WeChat Pay Japan 邵衎(ショウ・カン)氏
・株式会社ACD 営業本部 シニアマネージャー 守本浩太氏

第二部 ACD

ここから始める!中国向け越境EC

・世界唯一!中国の越境EC制度
・中国越境ECを始める際の選択肢
・商品を売るために
・事例

ACDとは

ACDはミニプログラムの構築、越境アプリのライブ配信や中国市場開拓の総合支援・サポートを行っているほか、自社でも越境ECサービス等を展開している。

ANAホールディングス等が出資するジョイントベンチャーでもあり、対中国施策においては、業界の先駆者として実績がある。

中でもWeChat向けミニプログラムの月額サブスクリプションサービス等も展開していて、月額数万円で開発費が掛からないという低価格を実現。小規模事業者でもスモールスタートが可能なサービスがある。

世界唯一の中国越境EC制度

対中越境ECは2016年に1兆円だった規模が、2020年には1.9兆円とほぼ倍増。市場は年々巨大になっている。

特別な税制

越境EC総合税は、越境ECの減税を行う制度。
関税0%や増値税と消費税を30%オフするという優遇がある。

たばこや酒などのような高い税金が課されているものの場合、越境EC総合税の減税では約27%も税率が下がる。

電子商務法

電子商務税とは

電子商務税とは2

中国税関総署を含める17部署で運用される越境EC年間購入額が確認できるWebサイトがある。
これを利用すると、中国ユーザーが自身の年始からの購入額と年末までの購入可能額が確認できる。

中国の越境EC減税は1回の購入額5000元以下、かつ年間購入額26000元を上限として適用されるため、確認することは重要だ。

中国越境ECを始める際の選択肢

中国の特徴

中国には厳しい情報検閲がある。日本で普及しているGoogle、Facebook、LINEなどは一切閲覧することができない。

中国大陸の中国人に情報を届けるには、中国のサービス上で発信するしか選択肢はない状態。

そこで中国人が日常利用しているツールであるWeChatでの情報発信が最も合理的な選択となる。

中国越境ECの販売チャネル

チャネルは2つに大別できる。
ひとつは自社によるEC展開、もうひとつが既存のECプラットフォームでの出店や出品だ。

自社ECは物流なども独自の構築ができる。一方でプラットフォームは敷居が低いが物流などが指定されている場合も多い。

自社ECの特徴

特徴として集客ができれば、売れた際の利益が大きいというのがある。
ミニプログラムは既存の一般的なアプリやウェブよりも大きなメリットがあり、取り組みやすいさも抜群だ。

ECプラットフォームを利用する場合

ターゲットや商品に合わせたプラットフォームを選択することで、販売数は見込める。
しかしプロモーション等出費も多く利益を出すことが難しい。

とはいえ、販売実績がゼロの状態でいきなり自社ECを立ち上げるのは困難。そんな場合はECプラットフォームを利用した上で、自社ECへ繋げていくのがよい。

商品を売るためには

「ドリルを売るには穴を売れ」という言葉があるように、商品を売るためには顧客にとって何が価値なのかを考えるのが近道だ。その商品で何が得られるのかを知らしめる必要がある。

1、商品の特徴をすべて書き出す
2、スペックやメリットをベネフィットに置き換える
この2点が重要だ。

製品の裏側のストーリー要素が重要。
機能そのものは真似されやすいが、感情価値は真似しにくい。

ベネフィットの中でも一番価値があるのは自己実現ベネフィット。これは自分らしく感じられる。不安だからネガティブをゼロに持っていく、自分が自分を恥ずかしく思わないようになる状態にもっていくなどが該当する。

目指せダブルイレブン

中国では大量の商品が購入されるイベントの日があり、11月11日がその日だ。
この日にミニプログラムを稼働させて波に乗るためには、今から行動しないと間に合わない。

ミニプログラムはスモールスタートして後から機能を付け足したり、流行りに合わせて内容を変更したりが容易かつ安価なのが特徴。まずはスタートする。という精神が大事だ。

中国語はどうするか、商品売れるのか、越境できるのか、利益出るのか

いろんな悩みや目的があるが、まずは相談してみるだけする、という行動が大事になってくる。

無料でセミナーノーカット動画や資料お配りしています

>>情報収集目的でも歓迎!ご質問・お問合せ等はこちら 

無料で資料もDLできます


筆者プロフィール

teatime

編集長 例のりす

決済を利用するすべての人へのメディア「UP College」の編集をしている人。なんでも興味を持ってしまい、広く浅くを通してしまって何かと手に負えなくなっている。

対象がインドア・アウトドア問わずなのでコロナ自粛生活だろうと解禁されようと相変わらず時間が足りていない。

「UPCollege」会員お申込み

決済関連の情報を得るなら「UPCollege」!業界大手や最新の非公開情報を扱うセミナー資料も無料で手に入ります!