これからサイトを作る場合で「HTMLコーディングは出来るがプログラミングまでは…」という担当者さまでも、当社決済システムには簡単に会員制サイトを構築する「会員認証用CGIキット」を無償で提供しています。
設定や設置もテキストエディタとFTPクライアント(等のサーバにファイルをアップロードする)さえあればマニュアルに沿って簡単に完成できます。
また、既にあるサイトやその中の一部コンテンツを会員限定にする事もでき、プログラミングができる方ならば独自の会員認証と決済システムを連携させることも容易です。

一部オープンソースのECパッケージに、当社クレジット決済と連動する会員認証を実装した事例があります。パートナー企業様をご紹介する事になりますが、ご興味があればお問い合わせください。

会員認証CGIキットの活用例

例えばミュージシャンのファンクラブサイトがあったとします。

一般的に公開しているのはごく短いサンプル音源ですが、フルバージョンはファンクラブ会費を徴収できている「会員」にだけ公開をしたいところです。

充分に技術と予算がある場合は配信用システムを導入すれば良く、技術はないが予算はある場合はYoutubeの有料チャンネルなどの、いわゆる「課金可能なプラットフォーム※」を使うのが良いでしょう。
但し、プラットフォームは気軽に使える分、やや高めの販売手数料がかかる事が多いようです。既に何かしらのwebコンテンツやファンクラブサイトがある場合は、当社にお声がけ頂くことで簡単かつ安価な費用※で、有料会員向けの配信を開始できます。

会員認証CGIキットの活用イメージ

有料課金制サイトでの、会員認証CGIキットの活用イメージです。(以降パスワードを「PW」と略します)※画像はクリックかタップで拡大

会員認証CGIキットの活用イメージ

【1】決済前は、IDとPWを利用者が知り得ないため、当然、会員領域のコンテンツにアクセスする事や視聴はできません。

【2】決済しIDとパスワードをメールで入手しつつ、加盟店様サイトにはアクティベートすべきID/PWが通知されます。キットにはID/PW追加用のcgiファイルが含まれますので、そのファイルを決済結果通知先に当社管理画面から予め設定しておきます。

【3】決済の完了をもって、利用者はコンテンツの視聴が可能になります。

なお、本キットは自動継続課金機能にも対応しており、課金停止の申請がされたものや、課金失敗により継続課金を停止した利用者のID/PWの利用を停止する事もできます。

会員認証CGIキットの導入方法

1. 審査

本機能は標準機能です。営業担当に本機能についてご気軽ご相談下さい。

2. お申込み手続き

クレジット決済ご契約時に準じます。必要書類は以下の通りです。
・契約申込書 ・登記簿謄本(個人契約の場合は不要) ・印鑑証明書
・代表者様身分証明書 ・振込先金融機関の通帳コピー ・預金口座振替依頼書

3. オプション費用

本機能は標準機能につき無償です。なお、当社が想定していないご利用内容の場合、サポートデスクでご相談を承れない場合がございます。予めご了承ください。

4. ご利用の開始

アカウント発行済みで、初期費用のご入金をいただければ、すぐにご利用いただけます。

今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。

電話で相談:

東日本:03-5797-7934
西日本:06-6538-1101