データフィード生成から管理・出稿、精細な広告効果測定までを全て実現:Gyro-n DFM×AD EBiS連携

2017/10/24
  • プレスリリース

株式会社ユニヴァ・ペイキャスト(本社:東京都港区、代表取締役:呉 英仁)は、データフィード最適化・管理プラットフォームGyro-n DFM(ジャイロンDFM)と、株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進)の提供するマーケティングプラットフォーム「アドエビス」とを連携させデータフィードの生成から広告出稿、効果測定までを一貫して導入できる新サービス「Gyro-n DFM×AD EBiS連携」を開始します。
これまでデータフィードへの広告効果測定情報の反映が必要となるなど、技術的な面からデータフィード広告とアドエビスとの両立が難しい状況にありましたが、この連携サービスの開始によりデータフィードの生成からアドエビスへの広告登録、各広告プラットフォームのフォーマットへの最適化、データフィード広告出稿までの全てが自動化され、手軽にデータフィード広告出稿と高精細なアドエビスでの広告効果測定との両立が可能となります。

データフィード広告とその広告効果測定との重要性

Criteoに代表されるデータフィード広告は、ユーザーに最適な広告を的確に提供できるためコンバージョン率も高く、非常にコストパフォーマンスの高い広告として重要です。とりわけ、多くの商品点数を持つECサイトなどにとっては、データフィードの用意さえできれば広告出稿に関するコストも抑えられるメリットもあり、データフィードマネジメントツール:Gyro-n DFM(ジャイロンDFM)など、その参入障壁を下げるためのDFOツールを利用することで効率的にデータフィードの管理、生成にかかるリソースを抑えることもできます。

一方で、広告がサイト流入パフォーマンスやコンバージョン、サイトの売上にどのように寄与しているのか、アトリビューション効果も含めて見極める効果測定も、限られた広告予算のコスト配分を図る上で非常に重要であり、そのためのツールとしては、8000件以上の導入実績を持ち、広く利用されている広告効果測定・マーケティングプラットフォーム:アドエビスがあります。

データフィードマネジメントツールと広告効果測定ツールとの融合:Gyro-n DFM × AD EBiS連携

Gyro-n DFM×AD EBiS連携

アドエビスでの広告効果測定に際しては、広告測定用のパラメータを付与したURLを媒体側に入稿し、アドエビスに広告と遷移先のランディングページURLを登録する必要があります。このため、従来のDFOツールを利用する場合は、マスターのフィードを自前で用意するにせよ、DFOツールの自動生成機能を利用するにせよ、パラメータ付与と広告登録ができないためにデータフィード広告では媒体単位での効果測定にする、もしくは測定の正確性に難のあるダイレクト方式を利用するなど、アドエビスのパフォーマンスを全て活用することができませんでした。
また逆に、先にアドエビスで広告効果測定を実施しているサイトでは、このパラメータ付与・広告登録作業の手間が障壁となり、データフィード広告の出稿自体を諦めることも多くありました。

このたび、株式会社ロックオンと株式会社ユニヴァ・ペイキャストは、クライアントからFTP入稿された、もしくはクローラーでサイトを巡回し、Gyro-n DFMが自動生成したマスターデータに保管されているランディングページURLを、アドエビスAPIを利用し測定URLに自動変換・置換する連携サービス「Gyro-n DFM × ADEBiS連携」をリリースしました。
これにより、必要でありながら断念せざるを得ないことが多かったデータフィード広告と精細な広告効果測定との両立を提供できることとなりました。

データフィードを自前で用意できなくても、膨大な量の商品ページを持つサイトであっても、Gyro-n DFMが自動でデータフィードの生成から計測URLへの置換、アドエビスへの広告登録、Criteoなどのデータフィード広告プラットフォームへのフィード提供まで一貫して行うため、広告主は手軽にデータフィード広告出稿からアドエビスでの広告効果測定までを実現できます。

データフィード最適化・管理プラットフォーム:Gyro-n DFMとは?

Gyro-n DFM

Gyro-n DFM(ジャイロンDFM)はCriteoに代表されるデータフィード広告出稿に必要なデータフィードの作成・更新からタグのカスタマイズ・導入支援までを行い、運用の手間を極限まで省くことのできるデータフィード最適化・管理ツールです。

前の記事
SaaS型決済処理システム「Gyro-n Pay PLATFORM」の提供開始