地域ごとの検索順位変動まで検出!無料公開のローカルSEO調査サイト:Gyro-n SEO Lab.(ジャイロンSEOラボ)を1月9日にリリース

2018/01/10
  • プレスリリース

検索ユーザーの地域情報がGoogleの検索結果に反映されるようにアルゴリズムが発達してきた近年、業種・キーワードによってはローカルSEO施策が非常に重要になってきています。従来の順位チェックツールではあまり行われてこなかった、地域性を含めたキーワードのチェックをGyro-n SEOでは取得可能になっていますが、このGyro-n SEOのローカル検索機能を利用して地域ごとの検索結果の差異を調査・公開する実験的サイト「Gyro-n SEO Lab.(ジャイロンSEOラボ)」を1月9日にリリースしました。
Gyro-n SEO Lab.はGyro-nが選定した主要キーワードでの地域ごとの検索順位の差や、キーワードカテゴリごとの順位変動の動きなどを無料で誰でも閲覧できるサイトです。Gyro-n SEOアカウントを作成することで、Googleのアルゴリズムの変化が起きている可能性を示す指標である順位変動を検出した際にアラートメールを受け取ることもできます。

>> Gyro-n SEO Lab.(ジャイロンSEOラボ)

検索ユーザーのニーズに最適な情報を提供するため、近年Googleはいわゆるヴェニスアップデートなど、地域性を反映させた検索アルゴリズムを進化させており、地域性との関連の深いキーワードにおいては検索ユーザーの所在地により検索順位・SERPs(検索結果画面)の表示内容に大きな差異が現れるようになっています。

とりわけ士業やクリニック他、地域に根ざしたBtoCのビジネスを展開している企業のSEO担当者にとっては、こうしたローカルSEOの施策の重要性は高まっていますが、こうしたエリアに影響を受けるキーワード(ローカルキーワード)では施策の管理やチェックすべきポイント、対策も異なってきます。
ターゲットとしているエリアのユーザーの流入を拡大するためには、地域ごとの正しい検索結果の順位・競合サイト・SERPsの内容をチェックし、上位に表示させるための対策をおこなう必要があります。

ローカルSEOの順位変動を検知できるサイト「Gyro-n SEO Lab.(ジャイロンSEOラボ)」とは?

Gyro-n SEO Lab.は、通常の検索順位チェックツールでも取得可能な地域性の影響を受けない検索結果(*)と、Gyro-n SEOのローカル検索機能で取得できる、地域の影響を受けたローカルSEOの検索結果とが、どのように異なっているかを確認できる実験的なサイトです。
* 一般の検索順位チェックツールでは、地域の影響を受けない条件で検索された順位が取得されており、実際にターゲットユーザーが検索している地域での順位とは異なる場合があります。

Gyro-n SEO Lab.で観測しているキーワードは、カテゴリーごとにGyro-nが独自に選定したものを使用、カテゴリごとに毎日のGoogle順位変動幅を測定して公開しているため、アルゴリズムの変動の動きをチェックすることもできます。
計測しているキーワードは、それぞれ地域情報を含めない場合と、含めた場合とのSERPsに現れる20位以内の差分を調べることができます。

Gyro-n SEO Lab.は無料で一般公開されていますが、Gyro-n SEOにアカウントを作ってアラートメールを設定することで、大変動が起こった際にメールアラートを受け取ることも可能です。

>> Gyro-n SEO Lab.(ジャイロンSEOラボ)

Gyro-n SEO(ジャイロンSEO)とは?

Gyro-n SEO(ジャイロンSEO)は、インハウスのwebマーケター、SEO担当者や、複数のクライアントサイトの管理・運用をしている制作会社・代理店の方向けに、順位チェックや競合サイト調査など一連のタスクを極力自動化することで担当者の負担を削減し、コンテンツ制作やSEO施策検討など、SEO担当者本来の重要な仕事に充てるリソースを確保していただくこと、さらに、SEO周りの情報や施策の記録を一元管理することで効率的にそれらの業務を進めていただくために設計された、高機能SEO管理プラットフォームです。

>> Gyro-n SEO(ジャイロンSEO)

Gyro-n SEOの主な機能

  • クラウド型順位チェック・検索結果画面アーカイブ
    キーワードを設定しておくだけで毎日自動的に順位チェックを行います。検索結果は順位だけでなくSERPs画面も全て保存され、過去1年間の100位までの検索結果画面をいつでも確認・調査ができます。
  • 評価分散フラグ機能など充実のアラート機能
    自サイトでいちばん上に表示されるページが入れ替わったタイミングがグラフ上に明示される「評価分散フラグ」により、検索エンジンからの評価を自サイトのコンテンツ内で競合してしまう現象が発見しやすくなるなど、様々なアラート機能で自社SEOの状況把握をアシストします。
  • ページ分析・テキスト分析機能
    自サイト、競合サイトだけでなく、web上に公開されている全ての任意のページに対して、HTML文章構造やキーワード出現比率や、ページ内に記載されるタイトル、メタdescriptionタグと検索結果画面に表示されるタイトル・説明との差異を調査できます。
  • Venice Update対応!ローカル検索機能
    検索ユーザーの地域(所在地)を検索結果に反映させるGoogleのVenice Updateに対応し、特定の地域で検索した場合の検索結果をチェックできる「ローカル検索機能」を実装。士業や不動産、飲食、クリニックなど、地域性を特に重視する業態のサイトのSEO施策管理に欠かせない機能です。

Gyro-n(ジャイロン)について

Gyro-n(ジャイロン)は、株式会社ユニヴァ・ペイキャストが提供するデジタルマーケティング支援ツールのブランド名です。SEO管理やデータフィード最適化(DFO)ツールといったサイトの流入に寄与するサービスから、いわゆるWeb接客やLPO、ABテスト、EFOなどサイト内の改善・CVR向上に寄与するサービスまで、サイト運営者の様々なニーズに対応したツールをラインナップしております。

>> Gyro-n(ジャイロン)

次の記事
中国インバウンドのトレンドをまとめたブック「中国インバウンドトレンドガイド2017下半期号」をリリース
前の記事
Gyro-nセミナー沖縄初上陸!株式会社アザナ、株式会社パイプドビッツ共催「WEBマーケティング戦略の基本と事例セミナー」12月14日開催