ユニヴァ・ペイキャストが決済事業のサービスブランド刷新 JAPAN IT WEEK関西・店舗ITソリューション展で発表予定

旧:オンライン決済システム「IPS」とは

IPSの決済システムは多彩なインターフェイスを持ち、クレジットカード決済だけでなくコンビニ決済や後払いなどにも対応したマルチペイメントシステムでありながら、ネットショップのみならず多種多様な業種業態に対応しています。

旧:店頭向けQR決済アプリ「招待pay(しょうたいペイ)」とは

中国で多くの会員と決済額をもつ二大ブランド「ALIPAY」「WeChat Pay」をはじめ、日本のモバイル決済である「d払い*」を、小売店・飲食店などにかんたんに導入できる店頭決済アプリで、今後も国内外問わずQRコード**で認証するモバイルペイメント銘柄を随時、追加していく予定です。
*「d払い」および「d払い」ロゴは、株式会社NTTドコモの登録商標です。
** QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

新ブランド:UnivaPayとは

「あらゆる決済手段を、ひとつに」をコンセプトとし、ネットショップと店頭とをシームレスにつなぎ、加盟店さまの事業に貢献するだけでなく、ネットショップのカートシステムや、POSレジ、自動販売機や自動精算機など、様々な周辺ソリューションを提供する事業者さまが「簡単に」決済機能を取り入れられるよう、APIやSDKといった連携用のインターフェイスに今まで以上に注力したシステムとアプリケーション群となっていく構想です。
サービスの詳細や新しいロゴマークは、1月23日から開催のJAPAN IT WEEK関西・店舗ITソリューション展のブース、または当日以降のwebサイトで公開いたします。

株式会社ユニヴァ・ペイキャストは、2019年1月23日から従来より運営しておりましたオンライン決済代行サービスの「IPS」を「UnivaPay」に、店頭向けQR決済アプリ「招待pay」を「UnivaPay StoreApp」に、それぞれ名称変更致しました。
また、上記記載の情報に関しては当時の情報での記載となります。現在は、名称が変更されている場合がありますことを併せてご案内申し上げます。詳しくは会社概要をご覧ください。