Atome(アトミ)の特徴

Atomeのロゴ

Atomeは、手数料なしで3回分割払いができる後払い(BNPL)サービスです。
日本国内のBNPLサービスは主にオンライン決済をターゲットに拡大しています。一方で、Atomeの場合は実店舗でのオフライン決済にも力を入れています。これが、Atomeの特徴です。
実店舗では、店頭に置かれたQRコードを専用アプリで読み取るか、店舗側がユーザーの提示するQRコードを読み取ることで利用できます。なお、支払いが完了するとAtomeから加盟店へ即時に売上金が振り込まれるため、後払いの滞納によるリスクを加盟店側が負うことはありません。

Atomeをお店に導入するメリット

1) 商品単価が高額であっても、BNPLのメインユーザー層である若者の流入が見込める

BNPLユーザーの中心となるのは、ミレニアル世代やZ世代をはじめとする10~20代の若年層です。
若年層は所得が低く、一度に支払える予算額には限度があります。しかし、日本国内においては10代のほとんどがクレジットカードを所有していません。また、海外ではクレジットカードそのものが普及していない地域もあります。
そして、クレジットカードでの3回以上の分割払いやリボルビング払いには手数料がかかり、若年層は安易な利用を避ける傾向にあります。
一方、Atomeであれば手数料無料で3回分割払いを選べます。そのため、一括払いでは購入できない商品・サービスも購入しやすくなります。

2) アジア圏ユーザーのクロスボーダー決済ができる

Atomeは、東南アジアおよび中華圏で多くのユーザーから支持を受けています。
また、仮に海外ユーザーが日本へ旅行に来て支払いにAtomeを利用しようと思った時、通貨をいちいち日本円へ両替することなく利用できます。
こういったボーダーレスな決済をAtomeの導入で実現することで、なるべく無駄な出費は避けたい訪日外客に対し、Atomeの利用を起点としたアプローチができるようになります。

Atomeが人気の理由

1) 手数料無料で3回分割払いが選択できる

Atomeが人気である最大の理由は、手数料を払わずに3回分割払いが可能なことです。これにより、若年層など所得が比較的低いユーザーの消費のハードルが下がります。

2) クレジットカード以外の決済方法を選択できる

Atomeの支払い方法は、クレジットカード(VISA, Mastercard)以外にも、デビットカード払い、コンビニ店頭払い、銀行口座振替など、様々な手段をユーザー自身で選択できます。(支払い方法は順次追加予定)

Atomeの使い方

1) 店頭でのAtomeの使い方

Atomeは、CPM決済とMPM決済の両方に対応しています。

  • CPM: Atomeユーザーがスマホに表示したQRコードを、店舗のPOSレジやタブレット端末などを使って読み取ることで、決済が行われます。
  • MPM: Atomeユーザーが専用アプリ内のカメラを起動し、店舗に掲示しているQRコードを読み取ることで決済が行われます。

2) オンラインでのAtomeの使い方

Atome決済に対応しているECショップで、決済方法にAtomeを選択することで利用できます。

※現在、当社ではAtomeとの直接の接続をご案内しております。なお、当社とAtomeとのシステム接続時期は未定です。

UnivaPay StoreAppで使えるモバイルペイ銘柄