「バーチャル旅行」はコロナ後も残る? 自称旅行好きが「行けないからその代わりに」以外の可能性を考察してみた

「バーチャル旅行」はコロナ後も残る? 自称旅行好きが「行けないからその代わりに」以外の可能性を考察してみた はじめに イギリス、クロアチア、エジプト、ギリシャ、モンゴル、中国……これは、コロナさえなければ筆者が行くはずだった旅行先リストです。  コロナ禍になり、伸び続けていたところから一気に地へ落ちた海外旅行業界。観光 […]

BNPLを知ろう! クレジットカードとの違いやメリット/デメリットをご紹介!

BNPLを知ろう! クレジットカードとの違いやメリット/デメリットをご紹介! はじめに BNPLとは、”Buy Now, Pay Later”の略。そのまま「今買って後で払う」後払いを指します。ECを中心に利用されており、欧米を中心に世界各国で最盛期を迎えつつある、新しい支払い方法です。 「何言ってるの?『後払い』なら […]

【第二部】伸びる中国市場をどう捕らえるか「中国越境ECの今と未来」 - UPRISE VOL.5 –

伸びる中国市場をどう捕らえるか - UPRISE VOL.5 – 中国は魅力的な市場だ。しかし日本と違う文化がある。 中国に日本からモノを売る「越境EC」は今や個人でもできる手軽なものになっている。 一方で、その簡単さや自由度の高さから、どうすればよいのか悩む例も多い。 今回は越境ECのプラットフォーマーで […]

【第一部】伸びる中国市場をどう捕らえるか「中国越境ECの今と未来」 - UPRISE VOL.5 –

伸びる中国市場をどう捕らえるか - UPRISE VOL.5 – 中国は魅力的な市場だ。しかし日本と違う文化がある。 中国に日本からモノを売る「越境EC」は今や個人でもできる手軽なものになっている。 一方で、その簡単さや自由度の高さから、どうすればよいのか悩む例も多い。 今回は越境ECのプラットフォーマーで […]

推しアクキーで決済⁉~私たちはなぜアクリルキーホルダーを愛するのか~

推しアクキーで決済⁉~オタクはなぜアクリルキーホルダーを愛するのか~ 皆さんは、「アクキー」をご存知ですか? アクキーとは、アクリルキーホルダーの略称です。アクリル板を任意の形にくりぬき、イラストや写真などを表面にプリントしてキーホルダー化したもの。かつては古い旅館やホテルの客室キーについていたり、お土産屋さんに並んで […]

伸びる中国市場をどう捕らえるか「中国越境ECの今と未来」  - UPRISE VOL.5対談 –

伸びる中国市場をどう捕らえるか - UPRISE VOL.5 -(対談) 中国は魅力的な市場だ。しかし日本と違う文化がある。 中国に日本からモノを売る「越境EC」は今や個人でもできる手軽なものになっている。 一方で、その簡単さや自由度の高さから、どうすればよいのか悩む例も多い。 今回は越境ECのプラットフォーマーであり […]

長電バスがVisaタッチ決済導入!甲信越地方の公共交通機関で初。効果は果たして

長電バスがVisaタッチ決済導入!甲信越地方の公共交通機関で初。効果は果たして Follow @UnivaPaycan ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:スティーブン・カービン)は2月25日、長電バス株式会社(本社:長野県長野市、代表取締役社長:湯本卓邦)の運行する急行バス志 […]

日本で売っていないグッズが欲しいのでAlipayミニアプリから自力で購入してみた【後編】

日本で売っていないグッズが欲しいのでAlipayミニアプリから自力で購入してみた【後編】 ~本場ミニアプリの動作や使い心地はどんな感じ?~ Guten Tag! Wie Geht’s Ihnen? ( こんにちは、お元気ですか? ) 筆者は大学時代、ドイツ語専攻でした。 なので、中国語が分かりません。 まさか、こんなと […]

ペイペイとLINEPAYが統合で今後どうなる!?

ペイペイとLINEPAYが統合でどう変わる!? ヤフーを傘下に収めるZホールディングスとLINEは3月1日、経営統合したと発表。両社は、2019年11月に経営統合に関する基本合意書、同年12月に経営統合契約書、2020年8月に業務提携に関する基本合意書を締結しており、準備が整った今、統合へと踏み切った。 最大の目玉はL […]

日本で売っていないグッズが欲しいのでAlipayミニアプリから自力で購入してみた~本場ミニアプリの動作や使い心地はどんな感じ?~

日本で売っていないグッズが欲しいので Alipayミニアプリから自力で購入してみた ~本場ミニアプリの動作や使い心地はどんな感じ?~ 突然ですが、筆者は一度ハマると沈むところまで沈んでしまうタイプのオタクです。もう本当に、生活の半分くらいがそのコンテンツで埋まります。 2月の初め、中国で制作されたドラマ「陳情令」にドは […]