小学生でもわかる!安全なクレジットカードの使い方と注意すること

このテーマは:「早く大人になって、何でも買えるカードが欲しいな!」なんてよく言う子どもがいる私が、小学生にもわかるように、クレジットカード業界の事を説明(せつめい)するコーナーです。

とつぜんですが、みなさんドロボウは好きですか?家に来てほしいですか?
ドロボウ
そんな人、いませんよね!
シリーズの4回目は、みなさんが家族カードやブランドプリペイド(デビット)カードをもつ事ができたときに「どんなことに気をつけたらいいのか」について書きます。

家にはカギを、サイフには?

出かけるときは家にカギをかけますよね。サイフはなくさないように、ずっとカバンやポケットに入れておくように・・・と、みなさんは教わっているでしょう。
では、なぜそうしているのでしょうか? それは・・・中に大事なものがあるからです。
一人でお家にいるときもカギをかけるように言われているでしょう?それは、みなさんが大事に思われているからです。
(言われていないとしたら、もう信用されていてすばらしいことです)
カードも銀行のお金を使えますので大事にしなくてはなりません。
それでは「カードを大事にする」とは、一体どういう事なのかを説明しましょう。

1. 必要ない人にわたさない


たとえ、お店の店員さんであっても、カードを読み込む機械(「決済端末:けっさいたんまつ」とよびます)に目の前で読み込ませる時以外にクレジットカードを手わたすのは、やめておいた方がよいでしょう。
ここのところ日本ではあまり聞きませんが、クレジットカードをあずかって情報をぬすみ、偽造(ぎぞう:ニセモノを作ること)カードを作るスキミングという犯罪(はんざい)があります。
もし、あなたのカードのニセモノが作られてしまったら、他人が勝手に使って、あなた(おうちの方)の口座からお金が引き落とされてしまします。

2. ネットでは、おうちの方といっしょに

インターネットで使うときは、とくに注意してください。
ネットショップやカード会社、カード情報をあずかるサービスのふりをして、カード情報を盗みとるフィッシング詐欺(さぎ:だまして、うばうこと)にあわないように、本当に買い物をしたいサイトのドメイン(インターネット上の住所にあたるもの。このサイトのドメインは「univapay.com」です)なのか?そこにカード情報を渡してもいいのか?おうちの方によく見てもらうのがいいでしょう。

おうちの方へ

オンラインのクレジット決済には、カード裏面に印刷された3桁(一部ブランドは表面4桁)のセキュリティコード※1や、イシュア(カード発行会社)のwebサイトから登録して設定する3Dセキュア※2というパスワード認証で、加盟店による本人認証がされています。
お子様に家族カードなどを持たせる場合は、決済時に付き添うルールを設定するなどして、安全な利用を見守ってあげて下さい。

※1・・・但しセキュリティコードを控えた上でスキミングされたり、入力させるフィッシング詐欺が存在するため、取扱いや入力先には細心の注意が必要です。
※2・・・同じく、フィッシング詐欺で抜き取られる事例が増えています。カード会社が書面による事前案内なく、メールでセキュリティ強化やアップデートのためにカード情報を入力させることはありません。また、認証時にはイシュア(カード発行会社)のドメイン下で行われることが多いのですが、カード会社のコーポレートサイトとは別のドメインであるケースや、一部イシュアでは利用しているASP(例:大日本印刷の”dnp-cdms.jp”)のドメインを利用します。

3. ひつような時だけもっていこう

とくにカードを使う予定がないお出かけには、カードをもって行かないほうが安全です。
サイフを落としてしまったり、かばんをなくしてしまった時に黙ってカードを使われてしまうことがあるからです。
もしも、なくしてしまったら、すぐにおうちの方に伝えてカードを止めてもらうようにしましょう。

カードは大事なものです!

どうですか?カードも大事なものだと分かってもらえたでしょうか?
大事なものには、かならず
カギをかけましょう!カードを持つときには、今回お話したとおりの「カギのかけ方」を、おうちの方とそうだんして、しっかり決めましょう。

今すぐ相談する

お電話は平日09:30~18:30
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応出来かねます。

電話で相談:

東日本:03-5797-7934
西日本:06-6538-1101

資料ダウンロード一覧

UnivaPayの提供するUnivaPay StoreAppや、Alipay・WeChat等のインバウンド決済、キャッシュレス決済資料はこちらから無料でダウンロードできます。