au PAYの特徴

au PAYのロゴ

au PAYは、バーコードやQRコードを使って決済ができるスマホ決済サービスで、実店舗で利用することができます。
ご利用時のアプリのダウンロードやお支払い方法の登録など費用は一切かかりません。

au PAY 残高はau PAY プリペイドカードと共通口座で、同カード会員はすぐにau PAYがご利用できます。

UnivaPay StoreApp資料DL

UnivaPayの提供するUnivaPay StoreAppに関する資料はこちらから無料でダウンロードできます。

お店にau PAYを導入するメリット

1) ポイントによる新規顧客の流入

au PAYは日々のau携帯電話の利用料やau PAYマーケットでのお買い物、au PAY カードやauでんきのご利用でもポイントが貯まります。更にPontaポイントと統合により、会員1億人以上、年間ポイント付与額2000億円の基盤が完成しました。ポイント利用者を中心に多数の新規顧客が獲得できます。

2) 店舗業務の効率化が図れる

飲食店や小売店などでは、au PAYを導入することで会計時に現金の受け渡し時間を短縮し、釣り銭の渡しミスやレジ内の現金管理をする手間を省きます。

au PAYのユーザーへのメリット

1) 多数の利用可能な加盟店

au PAYが使用できる場は多数!オンライン決済はもちろん、国内の主要コンビニ、大型店舗、家電量販店、カラオケチェーン、タクシーなど生活に必要なすべての業種をほぼ網羅しています。

2) マイナポイントキャンペーン

2020年7月1日からau PAYのマイナポイントへの申し込み受付を開始しています。マイナポイント事業還元5000円相当とau独自のキャンペーン還元1000円相当の合わせて6000円を上限にau PAY残高に還元します。
※キャンペーン期間中に限る

au PAYのお支払い仕組みと内訳

▋お店側がバーコードを読み込む

バーコードを読み取るだけで簡単決済

STEP1 : お店のスタッフにお客様がバーコードを提示

STEP2 : お店のスタッフがバーコードを読み取る

STEP3 : 決済完了

※店舗掲示型QRコード決済も可能です

▋au PAYへのチャージ方法

クレジットカード
クレジットカード

au PAY 残高
au PAY 残高

銀行口座だけではなく、さまざまな方法があります。チャージ方法については、以下のページを参照いただき更新いただくか、以下のページに「詳しくはこちらをご確認ください」というような文言で飛ばしてください。
https://wallet.auone.jp/contents/pc/guide/charge.html

au PAY user
au pay ユーザー

au PAYはカード会員2300万人、アプリ1300万MAU。さらにiOSユーザーからの流入も

au PAYの概要

au PAYのシステム接続・導入方法

当社が提供する店頭向けキャッシュレス決済アプリ「UnivaPay StoreApp」は、au PAYをサポートしており、店頭の専用端末またはスマートフォン・タブレットで利用できます。

※UnivaPay StoreAppは、金額を打ち込みバーコードまたはQRをスキャンするだけで、モバイルペイメントアプリの銘柄を自動判別し、それぞれの運営元システムに決済リクエストを送ります。

UnivaPay StoreAppについてさらに詳しくはこちら 

au PAYのセキュリティ

表示されるQR・バーコードはワンタイムのもので、一定時間で無効になります。

au PAYの導入費用と支払サイクル

au PAYは以下の料金でご利用いただけます。


初期費用:なし
月額費用:なし
決済手数料:ASK


トランザクション処理料:なし
支払サイクル:
・月末締め、翌月末払い
・月末締め、翌月15日払い
・2回払い(1日~15日締め、当月末払い / 16日~末日締め、翌月15日払い)

UnivaPay StoreApp資料DL

UnivaPayの提供するUnivaPay StoreAppに関する資料はこちらから無料でダウンロードできます。

UnivaPay StoreAppで使えるモバイルペイ銘柄