「お客様の想いを伝える」ツールラボがオールインワンメール配信スタンド×決済システムで実現したい未来とは?

株式会社ツールラボの皆様

当社でも業務で利用させていただいているオールインワンメール配信スタンド「MyASP(以下、マイスピー)」を提供しているツールラボ様。
今回、当社の決済をマイスピーと連携した経緯や、実際に連携した際に感じたことを伺いました。

お客様の想いをサポート! ツールラボ様のサービスとは?

國藤(以下「國」):
本日はありがとうございます。
早速ですが、当社はマイスピーを以前から使わせてもらっていますが、マイスピー以外にどのような事業をなさっていますか?

株式会社ツールラボ 代表取締役 青島大悟様(以下、青):
マイスピーを主軸に、インターネット上のシステムや、パソコンのプログラムといったツールも作成しています。皆様からインターネット上のシステムやプログラム等のニーズを伺い、お役に立てるツールを作りたいと考えています。
現在はマイスピーに注力するため、受託の割合は少なくしています。

國:そうなんですね。マイスピーが軌道に乗ってきてってことですよね。それは当社としても嬉しい限りです。
では、貴社の経営理念や行動指針についてお聞かせください。

青:マイスピーの掲げているミッションが、「あなたのビジネス・マーケティングの仕組み化・自動化を支援、熱い想いを伝えるオールインワンシステムを提供し、新しい価値の創造・伝達をサポート、使う人を笑顔にします」というものを掲げています。

國:熱い想いっていうのがエモーショナルで素敵ですね。
ちなみに、当社の決済をどのようにご利用いただいていますか?

青:クライアント様から決済方法を導入したいという依頼があった際に、マイスピーのメールやフォームにUnivaPayの決済を組み込んでいます。
決済まで繋ぎ込めているフォームはまだ少ないと思うので、そこは我々の強みのひとつです。

國:ありがとうございます。マイスピーのターゲットはどのような方が多いですか?

青:基本的にはインターネットでビジネスをされていらっしゃる方全般です。インターネットでなくても、セミナーやコンサルティングをされている方々、オフラインの店舗もターゲットになることもあります。法人から個人事業主まで幅広くご利用いただいています。

國:そうなんですね。ご導入いただく中で、苦労されたポイントはありましたか?

青:機能が充実しているってことの裏返しではあると思うのですが、機能が多いために対応する上で、多少の工数がかかったというのはあります。しかし、当社が実装してしまえば、その後はクライアント様が利用できるので、そこはメリットであると思います。

國:定期課金の設定は、おっしゃる通り柔軟な反面、複雑ではありますね。昨年新たに開始したトークン方式を採用いただくと、もっとシンプルにできるかと思います。

青:当社もトークンを発行するための開発を進めているところで、当社が対応できれば、かなり柔軟に対応できると思います。

当社サービス導入後の様子は?

青島様と太田様

國:では次に、当社サービスご導入後の変化をお聞かせください。

青:お客様からの反応の変化は、正直なところあまり実感がないのですが、決済に関するクレームがあまりないということは、上手くいっていると思います。

國:決済以外でもよいのですが、マイスピーで現在もっとも強く感じている課題は何でしょうか?

青:近年はメールだけでなく、コミュニケーションツールとしてマルチチャネル化が進んでいます。そのようなマルチチャネルに対応して、メールだけではなく、例えばSNSなどのあらゆる手段でメッセージを伝えられるようなものを拡大していけたらと思います。

國:スマホ文化によってレスポンスのよさが要求されてきている傾向に感じていますが、メールアプローチの今後についてのお考えを教えてください。

株式会社ツールラボ マーケティング部 太田佳世子様:全体的な割合としてはメールの比率は他のSNSもあるので、減ることもあるかと思いますが、将来的に見ても無くなることはないと考えています。
弊社のお客様はメール主軸でメールマーケティングされている方が多いのですが、自分の想いを伝えるために長文になったり、行間を取ったりという手法をとることが多いようです。そのため、即時性や利便性という面ではショートメッセージはSNSやメッセンジャーの方が優れていますが、マイスピーは「伝える」という部分を重視する方々にご利用頂いている印象です。

國:そうなんですね。コンサルティングをされている方ですと、熱量の高いメールや想いのこもった長めのメールになることが多いと思うので、適材適所で残っていくのでしょうね。
サービス導入前の当社に対するイメージはいかがでしたか?

青:スクールやコンサルティング、オンラインサロンといったお客様から、よくマイスピーと(UnivaPay決済を)連携できるようにしてほしいという依頼があったので、そういった業界では有名なイメージがありました。

國:サービス導入後、当社のイメージに変化はありましたか?

青:実際に繋ぎこみをさせていただいて、サポートさんの反応が早いので、信頼できるなと感じています。
また、コントロールパネルを初めて触った時に、他社と比べて一番しっかりしているなと感じました。

國:ありがとうございます。コントロールパネルはまだ分かりにくい部分があるかと思うので、次のバージョンはだれでも使いやすいように、逆に複雑にならないようにしていきたいです。
本日はありがとうございました。

株式会社ツールラボ (TOOLLABO Co.,Ltd.)HP:https://toollabo.jp/

MyASP(マイスピー)公式サイト:https://myasp.jp/

今すぐ相談する

お電話は平日11:00~16:00
決済導入に関係のない営業のお電話はご遠慮ください。
ご対応致しかねます。

電話で相談:

東日本:03-5797-7934
西日本:06-6538-1101

資料ダウンロード一覧

UnivaPayの提供するUnivaPay StoreAppや、Alipay・WeChat等のインバウンド決済、キャッシュレス決済資料はこちらから無料でダウンロードできます。