店頭向け中国モバイルペイ対応アプリ「招待pay」が、WeChatペイにも対応しました

店頭向け決済アプリ「招待ペイ」がWeChatペイにも対応しました

従来、中国での流通高においてのトップシェア銘柄「 ALIPAY(アリペイ)」専用であった店頭用の決済アプリ「招待pay」が、シェア二番手の「WeChatペイ」にも対応しました。最新バージョンは既にApp Store/Google Play Storeからダウンロードして入手できます。ご利用には別途、加盟契約が必要です。

1つのアプリでQRコードを自動判別

店頭用決済アプリ「招待pay」は、金額を打ち込んでQRコードをスキャンするだけと、操作が極めて単純です。支払い方法の選択というステップもなく、中国からの旅行者が提示したQRコードを判別し、Alipay/WeChatいずれかのシステムに決済のリクエストをします。

詳しくは以下ページをご覧ください:WeChatペイ(微信支付)とは

株式会社ユニヴァ・ペイキャストは、2019年1月23日から従来より運営しておりましたオンライン決済代行サービスの「IPS」を「UnivaPay」に、店頭向けQR決済アプリ「招待pay」を「UnivaPay StoreApp」に、それぞれ名称変更致しました。
また、上記記載の情報に関しては当時の情報での記載となります。現在は、名称が変更されている場合がありますことを併せてご案内申し上げます。詳しくは会社概要をご覧ください。